遺品整理のクエスチョン解決します!

毎年増えている遺品整理の現場

遺品整理のクエスチョン解決します!のメインimage

最近増えている孤独死。賃貸住宅の場合は不動産業者が遺産整理を専門にしている企業に片付けを依頼しています。

毎年増えている遺品整理の現場

最近の日本のライフスタイルは核家族になっています。

高齢者も子ども夫婦と同居の望まないケースが多いです。

敢えて一人暮らしを希望するのです。

ただ、死亡したときを考えると遺品整理という問題が出てきます。

今回は【毎年増えている遺品整理の現場】についてご紹介します。

◎昔のような大家族スタイルは崩壊している

ご夫婦でおっ住まいでも配偶者が死亡して、近くに身寄りもいなく一人暮らしをせざるを得ないことも多いです。

高齢化社会が進んで行くにつれて、ご近所の交流がないと孤独死になってきます。

こういったことから、身寄りがない高齢者が急死した場合に困ります。

公団住宅の場合は地方自治体の行政が対応するしかありません。

賃貸住宅の場合は不動産業者が遺産整理を専門にしている企業に片付けを依頼する状況が増えています。

その遺産整理を担当するのは「遺産整理士」になります。

◎遺産整理士とは

遺産整理と耳にしたときに、どうするのかといえばゴミとして廃棄処分するというのが一般的な印象ではないでしょうか。

ですが死亡した人の思い出がある品物ならば、ゴミでないのです。

遺族は、そういった品物を丁寧に取扱をして欲しいと希望します。

廃棄する場合の法規制についても専門知識が必要。

高額な遺品を適正価格で査定するスキルも必要です。

そういったことから遺品整理士認定協会から「遺品整理士」を認定しています。

知識がない業者が遺産整理をするとクレームや不満にも繋がります。

確かな鑑識眼と対応力を持った遺品整理士がいる企業を選ぶようにしたいものです。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS