遺品整理のクエスチョン解決します!

遺品整理したあとの品物はどうなるのか?

遺品整理のクエスチョン解決します!のメインimage

遺品整理士など専門業者は遺品として残すべき物品の知識を持っています。

遺品整理したあとの品物はどうなるのか?

生活をしていて突然、死を迎えることはあります。

色々な事情で故人になってしまうことはあります。

無人となってしまった部屋には用品が残っています。

そんなときに家具・食器棚・家電などを処分してくれたり、骨とう品・美術品・などを形見分けとして仕分けしてくれるのが遺品整理業者です。

今回は【遺品整理したあとの品物はどうなるのか?】についてまとめておきましょう。

◎必ず貴重品として仕分けするもの

アルバム・写真・貴金属類・年金手帳・印鑑・銀行や郵便局の通帳・クレジットカード・証券類です。

遺族側から残してもらうように指定されたものを含めて、箪笥貯金などがでてきたりもします。

すべて分類して原則遺族に届けて確認してもらいます。

遺品整理士など専門業者は遺品として残すべき物品の知識を持っています。

財産価値があるものをゴミ処分場へ捨てることはしません。

安心して任せることができるでしょう。

◎不要品は用品回収業者に依頼したりしてくれるのか?

自分たちが不要品だと思っていても、使える物品はあります。

リサイクルして有効利用する業者が多いです。

家電製品・食器棚・家具などは利用価値があります。

古紙・衣類は海外のボランティア団体に寄贈する会社もあります。

リサイクルできないものはゴミ処分場へ搬送します。

家電製品やOA機器や粗大ゴミは個人で処分するのも手間がかかります。

家電リサイクル法対象の4品目も回収して処分してくれます。

親族は安心して葬儀などに集中できます。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS